部分矯正とはどんな矯正方法なのですか?

矯正は何度も行う治療ではなく、一生に一度の大きな治療です。
その意味では矯正に詳しい患者さんは少なく、そのため矯正においては不明点も多いでしょう。
ちなみに、歯並びの悪さにも様々なケースがあり、それぞれのケースに応じて矯正しますが、
今回はその中から部分矯正をテーマにした説明していきます。

部分矯正とは

部分矯正とは文字どおり一部の歯のみに特化して矯正する方法であり、その一部の歯とは前歯です。
「矯正=歯並び全体の改善」をイメージしますが、あくまでそれは歯列全体が乱れている場合であり、
患者さんによっては一部の前歯だけ歯並びが悪いケースもあり、そんな場合に部分矯正で対応します。

最も、前歯数本の歯並びくらいなら矯正するまでもないと考える人もいますが、
前歯に人に対して与える印象が強く、例えば前歯の歯並びが悪いだけで全体の歯並びが悪く見えるでしょう。
つまり歯並びの印象は前歯で決まると言っても過言ではなく、その意味で部分矯正は価値のある治療です。

部分矯正の治療期間

治療期間の長さが欠点となる矯正ですが、部分矯正の場合は比較的短い期間で治療可能です。
前歯のみを矯正するため全体を矯正することに比べて短期間で終わりますし、
そもそも歯根の細い前歯は奥歯に比べて動かしやすくなっています。

とは言え、矯正である以上は他の治療に比べて治療期間が長いのは確かであり、
一般的に部分矯正の治療期間は数ヶ月~1年程度です。
ちなみに、全体を矯正する場合の治療期間は1年~3年程度であり、これと比べると遥かに短いですね。

部分矯正は負担が小さい

矯正においての負担とは、矯正装置を装着する身体的負担と精神的負担、
さらに高額な費用が発生するため経済的負担も無視できない問題でしょう。
ただし部分矯正の場合、これらの負担は比較的小さくなります。

まず身体的負担と精神的負担が小さい理由ですが、これは部分矯正の治療期間は短いため、
矯正装置を装着して生活する期間も必然的に短くてすむからです。
また、費用においても部分矯正の相場は20万円~40万円と、全体の矯正の半分以下の費用ですみます。

部分矯正の欠点

部分矯正は文字どおり一部のみを矯正する治療ですから、矯正としての治療の自由度は低くなります。
このため難しい症例には対応できないですし、例え前歯のみの矯正だとしても100%対応できるかは不明です。
前歯の状態次第では部分矯正では対応できず、全体の矯正が必要になる可能性も否定できません。

また、噛み合わせの改善を目的に矯正を希望する人もいますが、
部分矯正で噛み合わせの改善はほとんどできず、その場合も部分矯正はおすすめできません。
部分矯正は前歯の審美的改善を目的とした治療とイメージした方が良いでしょう。

部分矯正の矯正装置

矯正装置の種類は全体の矯正の場合とほぼ変わらず、症例に応じて最適な矯正装置を使用する点も同じです。
最も、矯正装置の装着は痛みや発音のしづらさがどうしても気になってしまうものですが、
部分矯正の場合はこれらを感じにくくなっており、部分矯正の矯正装置の装着はそれほど苦になりません。

また、最近人気となっているマウスピース矯正も部分矯正に対応できますが、
マウスピース矯正の場合はその装着時間が1日20時間程度は必要です。
このため、好きな時に好きなように矯正装置を外せるというわけではないので注意してください。

まずは歯科医院に行って相談しよう

部分矯正は前歯のみ矯正する治療方法ですが、
実際にその症例が部分矯正に対応できるかできないかを自分で判断するのは難しいでしょう。
例えば出っ歯を改善する場合は、いくら前歯でも部分矯正では対応できないことがほとんどです。

このため、部分矯正を希望する場合はまず歯科医院に行って相談してみてください。
カウンセリングのみなら無料で行っている歯科医院がほとんどですし、
まずは前歯の状態が部分矯正で改善可能なのかを判断することが必要です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、部分矯正についてまとめます。

1. 部分矯正とは :前歯のみを矯正する方法。前歯は歯並び全体の印象に関わるため、美しくすることは大切
2. 部分矯正の治療期間 :一般的には数ヶ月~1年程度。全体の矯正の場合に比べて遥かに短くてすむ
3. 部分矯正は負担が小さい :身体的負担と精神的負担が小さく、費用の安さから経済的負担も小さい
4. 部分矯正の欠点 :難しい症例には対応できず、また噛み合わせの改善もほとんどできない
5. 部分矯正の矯正装置 :全体の矯正の場合と同じ。もちろんマウスピース矯正も対応している
6. まずは歯科医院に行って相談しよう :そもそも部分矯正で対応できる症例なのかを知る必要がある

これら6つのことから、部分矯正について分かります。
一部の前歯のみを簡単に矯正したいなら、部分矯正という治療方法があります。
ただし全体の矯正のように噛み合わせや歯並び全体の改善はできないため、
部分矯正はあくまで前歯の審美性を高めるための治療と捉えた方が良いでしょう。

関連記事