ある決まった日までに歯を白くしたいのですが、ホワイトニングは即日効果がありますか?

ホワイトニングには、即日効果があるものと、そうでないものがあります。また効果の現れ方には、個人差があります。
ですから、ある決まった日までに歯を白くしたい場合には、適切な方法を選択する事と、自分に合ったホワイトニングのスケジュールをたてる事が必要です。

今回は、決められた日までに歯を白くしたい場合の「ホワイトニング方法の選択」と「ホワイトニングスケジュールの立て方」について詳しく解説します。

ホワイトニング方法の選択

ホワイトニングには2種類の方法があります。
歯科医院で、施術を受けて歯を白くする「オフィスホワイトニング」と、自宅でマウスピースを装着して歯を白くする「ホームホワイトニング」です。
ある決まった日までに歯を白くしたいという場合には、即効性のある「オフィスホワイトニング」の方が良いでしょう。
それぞれの特徴を簡単にまとめると次のようになります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で施術する方法で、歯面に薬剤を塗布し、特殊な光を照射して反応を促し、歯を白くする方法です。薬剤の主成分は「過酸化水素」です。
効果の現れ方には個人差がありますが、即効性があるのが特徴です。
また、使用するホワイトニングシステムによって、効果の現れ方が異なります。歯科医院によって、使用しているものが異なるので、事前に確認するようにしましょう。

<ホワイトニングシステムによる差はどのくらいあるのか?>
オフィスホワイトニングには、いくつものホワイトニングシステムがあります。ここでは代表的なホワイトニングシステムの料金と効果の現れ方を紹介します。
効果の現れ方は、段階で表されており、実際にはシェードガイドという歯の色見本において、何段階色が明るくなるかを示したものです。数字が大きいほど効果が高いという事になります。
・ズーム:1回3万円〜5万円程度 1回の施術効果4〜6段階
・ビヨンド:1回1万円〜3万円程度 1回の施術効果2〜3段階
・ティオン:1回2万5千円〜5万円程度 1回の施術効果3段階程度
・ピレーネ:1回1万円〜2万円程度 1回の施術効果1〜2段階
料金と効果の現れ方はあくまで目安です。このようにシステムによって効果に差があります。即日効果を強く求める場合には、1回の施術効果が高いものを選ぶのが良いでしょう。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自宅で薬剤を注入したマウスピースを装着して、歯を白くする方法です。主成分は「過酸化尿素」です。分解されるとオフィスホワイトニングと同じ「過酸化水素」になるので、基本的に漂白成分は同じという事になります。
効果の現れ方はゆっくりで、2週間ほど装着を継続すると効果が現れてきます。

即効性はありませんが、じっくり白くしていくため、歯の色が後戻りしにくいという特徴があります。長期的に白さを維持したい場合にオススメです。
オフィスホワイトニングと併用する事で、より高い効果が期待できます。
ホームホワイトニング単独では、白くするのに時間がかかるため、ホワイトニングスケジュールが立てにくいです。「決まった日までに歯を白くしたい」という場合には向いていません。

ホワイトニングスケジュールの立て方

ある決まった日までに歯を白くしたい場合には、あらかじめベストなタイミングでホワイトニングの治療予約をする必要があります。
施術時期が早すぎると、目的の日になる前に、歯の色の後戻りが始まってしまう可能性があります。逆に遅すぎると、1回で思うような効果が出なかった場合や、色ムラが出てしまった場合に、目的の日までに対応する事が難しい場合があります。

施術のタイミング

色が落ち着く時間も考慮すると、目的の日の1週間前から10日前のホワイトニングがベストです。
ホワイトニングシステムによっては、1回の効果が弱く、白くするために何度も施術が必要な場合もあります。そのようなホワイトニング場合には、必要施術回数から逆算して、ベストな時期にホワイトニングを開始する必要があります。

ホワイトニング相談を利用する

ホワイトニングの効果の現れ方には個人差があります。いざ施術をしてみないと分からない面もありますが、歯質によっては、ある程度、効果の現れ方を施術前に予測する事も可能です。
ホワイトニングは、個人差や効果の現れ方に差があります。歯科医院のホワイトニング相談等を利用し、施術スケジュールを立てるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「ある決まった日までに歯を白くしたい」という場合には、適切なホワイトニング方法を選択する事と、自分に合ったホワイトニングのスケジュールをたてる事が必要です。
目的の日よりもかなり早い段階で、歯科医院でホワイトニング相談を受け、予めスケジュールを立てておくと良いでしょう。

関連記事