ホーム >矯正歯科コラム > 虫歯になると歯に穴が空きますが、歯の色も変わってしまうのですか?

お問い合わせフォーム

診療時間

午前 9:30~13:00
午後 14:00~20:00
※土曜は17:00まで

定休日

日曜日・祝祭日

虫歯になると歯に穴が空きますが、歯の色も変わってしまうのですか?

虫歯になると、穴が空くだけでなく、歯の色も黒や茶色、黄色に変色してしまいます。虫歯は、一度穴が空いてしまうと、自然に治る事はありません。放置すると、どんどん進行してしまうので、できるだけ早めに治療をする事が大切です。
穴が空いてしまって、初めて虫歯に気がつく事もありますが、歯の色に注意する事で、より早めに虫歯に気がつく事ができ、虫歯の進行予防や治療などの対処をすることができます。今回は、「歯の色」に着目して、虫歯について詳しく解説したいと思います。

虫歯の歯の色の変化

虫歯というと「黒色」をイメージする人が多いですが、実は虫歯は、虫歯の進行状態によって、色が異なります。茶色や黄色っぽい色をしている事もあります。虫歯の進行別に、歯の色の変化をみていきましょう。

(1)初期虫歯(CO)

まだ穴が空いていない状態の虫歯です。この状態の虫歯は、毎日のブラッシングや食生活の改善などで、改善される可能性があります。正式にはまだ「虫歯」にはカウントされません。
初期虫歯の色は、「白色」をしています。白色といっても、歯の色と違い、白く濁ったような色です。一見気がつきにくいですが、鏡を診ながらガーゼ等で歯の表面の水分を拭き取ると、自分でも発見できます。見つけたら、毎日の丁寧なブラッシングと、歯科医院での定期的なクリーニングや検診で、虫歯になるのを予防していきましょう。

(2)エナメル質の虫歯(C1)

虫歯がまだエナメル質に限局した状態です。色は、白からやや黄色い状態です。少し茶色っぽくなっている事もあります。痛みやしみる症状は、まだほとんどありません。自覚症状が少ないので、気がつきにくいですが、この時点で虫歯に気がつき早期に治療を開始する事で、簡単な治療で済ませる事ができます。
色が分かりづらく、自分では発見しづらいですが、定期検診をきちんと受けていれば、早めに発見する事ができます。

(3)象牙質まで進んだ虫歯(C2)

虫歯が象牙質まで進み、冷たいものや甘いもので痛みを感じるようになってきます。色は、黄色から茶色い状態になってきます。黒っぽく見える事もあります。痛みが出てくるので自分でも気がつく事が多いです。できるだけ早く歯科医院を受診し、治療を開始するようにしましょう。

(4)歯の神経まで進んだ虫歯(C3)

虫歯がさらに進行し、歯の神経にまで到達すると、何もしなくてもズキズキと痛むようになります。色は、茶色から黒色になってきます。神経を取る治療が必要になります。こうなる前に、気がついて治療をしておくのが望ましいです。

(5)歯の根っこだけが残った虫歯(C4)

歯の神経は完全に死んでしまい、歯は根っこだけになってしまった状態です。既に神経は死んでしまっているので、痛みはありません。この時の歯の色は、真っ黒になっている事がほとんどです。歯の状態によっては、残念ながら、歯を残せない事もあります。

歯の色が変わっていない?子どもの虫歯

前に虫歯の進行と歯の色の変化について解説しましたが、「子どもの虫歯(乳歯の虫歯)」の場合は、これとは少し異なります。
子どもの虫歯は、進行が早く、白い歯のまま進行していきます。最初、歯が白く濁ったような状態から始まり、そのままの色で歯がボロボロと軟らかくなって穴が空いてきます。色だけで判断をしていると、虫歯だとは気がつかない事があるので、注意が必要です。

神経を取った歯の色の変化

虫歯が進行して、歯の神経にまで到達してしまうと、歯の神経を取る治療をしなくてはなりません。虫歯の治療を終えても、歯の神経を取る治療をすると、治療後に歯の色が変色してしまう事があります。

歯に栄養が行き渡らなくなった失活歯(しっかつし/神経が無い歯)は、徐々に全体が黒ずんだような暗い色に変色してしまいます。前歯の場合は、見た目上、変色が気になるようになってしまいます。
神経を取ると、見た目が悪くなるだけでなく、歯自体も脆くなりますので、できるだけ歯の神経を取らずに済むように、早めに虫歯治療をしたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。虫歯になると、穴が空くだけでなく、歯の色にも変化が見られます。虫歯の進行状態によって、白色から、黄色、茶色、黒色に変化していきます。歯の色に注意する事で、より早く虫歯に気がつく事ができます。虫歯は自然には治りませんので、早めに発見して、早めに治療を開始する事で、虫歯の進行予防や治療などの対処をすることができます。早い段階で治療をすれば、簡単な治療で済ませる事ができ、負担も少なくて済みます。

また、子どもの歯の場合は、大人の歯と違い、白い色のまま急速に進行していきます。一見すると、虫歯だと気がつかない事もあるので、注意が必要です。

毎日の歯みがきの後など、歯を鏡で見る習慣をつけて、虫歯の早期発見ができるようにしておくと良いですね。



当院では歯を抜かずに治療する”エンジェル矯正”を行っています。

エンジェル矯正は、歯を抜かず、また全身のバランスに着目して治療を進める新しい矯正治療法です。

当院ではこれまで多くの患者さんの歯と健康を守りながら、歯並びに関するお悩みに応えてきました。

「できれば歯を抜きたくない」

「負担は少なく治療をしたい」

「痛みの伴うことはなるべく避けたい」

まずは話を聞いてみたいという方のために、当院では初回のご相談を無料とさせていただいています。

お気軽にお問い合わせください。

  
お問合わせ いインビザライン 抜かない矯正
  

PAGE TOP