ホーム >矯正歯科コラム > 歯茎が痩せてしまって、入れ歯が合わなくなってきたのですが、補修できますか?それとも、作り直しになりますか?

お問い合わせフォーム

診療時間

午前 9:30~13:00
午後 14:00~20:00
※土曜は17:00まで

定休日

日曜日・祝祭日

歯茎が痩せてしまって、入れ歯が合わなくなってきたのですが、補修できますか?それとも、作り直しになりますか?

入れ歯治療を行っている南浦和の歯医者さん、くろさき歯科です。今回は「歯茎が痩せてしまって、入れ歯が合わなくなってきた場合、補修できるのか、作り直しになるのか」について解説したいと思います。

歯茎は健康な人でも、加齢によって痩せてきます。歯茎が痩せてしまうと、粘膜の上に乗せる入れ歯は合わなくなってくるので、しっかりと合う入れ歯に治す必要があります。

補修できるのか?

歯茎が痩せてしまった場合、入れ歯の歯茎と接する面に裏打ちを行う「リベース(リライン)」という補修方法があります。入れ歯の内面に硬化前の裏打ち剤を塗り、実際にお口の中に入れて噛み合わせて作製する方法が一般的です。入れ歯を作り直さず、慣れた入れ歯のまま使う事ができるのがメリットです。

補修する場合のメリットとデメリットを詳しくみてきましょう。

(1)メリット
・ 慣れた入れ歯をそのまま使う事ができる
新しい入れ歯にすると、慣れるまでに時間がかかります。すぐには合わないので、入れ歯作製後も、数回にわたる調整が必要となります。

・ 何度でも補修を繰り返す事ができる
痩せた歯茎に合わせて、何度でも補修をする事ができます。ただし、噛み合わせが安定している事が前提となります。

・ 修理に時間がかからない
作り直す場合には、最低でも3回から4回の通院が必要となります。(入れ歯の種類によってはそれ以上になります。)

(2)デメリット
・ 入れ歯が厚くなりやすい
入れ歯の裏面に1層の樹脂の層が加わるため、入れ歯の厚みが少し増します。口の中はわずかな変化でも敏感になるため、始めは違和感を感じるかもしれません。

・ 重くなる
樹脂が追加されるため、入れ歯自体が重くなります。特に上の総入れ歯の場合は、重さが気になる事があります。

・ 着色や汚れがつきやすい
長期間使用すると、着色や変色が起こり、ボソボソとして汚れがつきやすくなる事があります。補修後は、定期的に入れ歯のチェックをするようにしましょう。

作り直した方が良い場合

入れ歯を補修した方が良いか、作り直した方が良いかは、入れ歯の寿命や、噛み合わせ、歯茎との密着度、全てを考慮した上で決める必要があります。
歯茎が痩せる事により、密着度が緩くなっているだけなら、入れ歯の裏打ち補修のみで問題ありません。しかし、噛み合わせが合わなくなっている場合や、破損などの劣化がみられる場合には、作り直した方が良いです。
参考として、入れ歯の寿命は、保険適用の入れ歯の場合4年〜5年と言われています。

入れ歯が合わないまま使い続けるのは危険

入れ歯が合わなくなってきた場合、合わないまま使い続けるのは良くありません。お口や身体に様々な支障をきたします。

<合わない入れ歯を使い続ける事による悪影響>
・ 残っている自分の歯に負担がかかる
・ 顎関節に負担がかかる
・ 顎の骨が退化して痩せてしまう
・ 歯茎や粘膜が腫れたり、傷ができてしまう
・ しっかり噛めず、身体のバランスが悪くなる
・ 頭痛や肩こりなど全身症状が出る事がある

入れ歯が合わなくなってきた場合は、放置せず、できるだけ早めに受診するようにしましょう。

歯茎が痩せてしまった原因は?

入れ歯を早めに補修、もしくは新しく作り替え、しっかりと噛める状態を取り戻す事が大切です。では、そもそも歯茎が痩せてしまったのには、どのような原因が考えられるのでしょうか。

(1)加齢によるもの
健康な状態の方でも、年齢とともに、歯茎が痩せてくる事がわかっています。入れ歯を作った時には、ぴったりでも、長期間使っていく中で、数年で合わなくなってきます。入れ歯の定期検診をきちんと行い、適宜入れ歯の補修をして、しっかりと合う入れ歯を常に使用するようにしましょう。

(2)歯周病によるもの
残っている歯がある場合には、その歯が歯周病に罹患している場合があります。例え、部分的に入れ歯になってしまっても、残っている歯がある事によって、入れ歯は安定しやすくなり、使いやすくなっています。できるだけ自分の歯を残す事が大切です。早めに受診し、歯周病の治療をするようにしましょう。

(3)合わない入れ歯を使っている

(4)入れ歯を使っていない
入れ歯が合わないから、痛いからなど、様々な理由で入れ歯を外したままにすると、歯茎は痩せてきてしまいます。適度な刺激により、しっかりと歯茎を使っている事が大切なのです。早めに、入れ歯の補修を行い、しっかりと噛める状態を取り戻しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯茎が痩せてしまって、入れ歯が合わなくなってしまった場合でも、歯科医院で簡単に補修する事ができます。ただし、入れ歯の寿命や噛み合わせのズレなどにより、作り直した方が良い場合もあります。早めに受診して、入れ歯をきちんと使える状態にしましょう。入れ歯には、寿命がある事も覚えておきましょう。



当院では歯を抜かずに治療する”エンジェル矯正”を行っています。

エンジェル矯正は、歯を抜かず、また全身のバランスに着目して治療を進める新しい矯正治療法です。

当院ではこれまで多くの患者さんの歯と健康を守りながら、歯並びに関するお悩みに応えてきました。

「できれば歯を抜きたくない」

「負担は少なく治療をしたい」

「痛みの伴うことはなるべく避けたい」

まずは話を聞いてみたいという方のために、当院では初回のご相談を無料とさせていただいています。

お気軽にお問い合わせください。

  
お問合わせ インビザライン 抜かない矯正
  

PAGE TOP